稲田李早  RISA INATA

2007年入社

本社 人材広報課

"『一緒に0から築いて行こう』私たちが創業メンバー"

博多一幸舎が創業して4年目、株式会社ウインズジャパンの設立の時に入社しました。
専門的な知識も特になく、『私で務まるのだろうか…』という不安が大きかったですが、入沢社長から
『みんな未経験。誰も会社なんか作ったことない。だから一緒に築いて行こう』と言ってもらい、不安よりもワクワクした気持ちが持てました。
創業15年の博多一幸舎は、200年続く継続企業を目指しているので、私達はまだまだ創業メンバーです。これから永く続いていく歴史の最初の部分に携われることは、とても貴重な経験だと思っています。

"どうすればできるか、を考える"

子育てに限らず様々な働く環境を考慮した『働き方』について、㈱ウインズジャパンは考えてくれます。
『まだ子供が小さいから…』『きっと時間的に無理だから…』といった固定概念ではなく、
『どうすればできるか』を一緒に考え、子育てしながらでもキャリアアップができるようにチャレンジさせてくれます。
独立や昇格だけではない、『社員の幸せ』を考慮してくれる環境に感謝をしながら働いています。

"もっとたくさんの人に知ってほしい"

入社した時は4店舗だった博多一幸舎も、今では国内14店舗、世界では9か国38店舗まで広がりました。
私は現在広報の部門を担当していますが、博多一幸舎の商品だけでなく私達の想いを広めたいと思っています。
『本物の博多ラーメンを知ってもらいたい』『かかわる人全てに幸せになってもらいたい』という想いを実現していくため、
国内でも世界でもたくさんのことに取り組んでいます。『ラーメンで世界中の人を幸せにしたい』と
本気で想っている博多一幸舎を、まずは知ってもらいたい。
部署が様々あり、皆それぞれの想いで役割を果たしていますが根底は同じです。
立場や役割が違っても、同じ想いがあることが㈱ウインズジャパンの強さになると思います。

他のインタビュー