板山栞  SHIORI ITAYAMA

2017年入社

本社 人材広報課

"退屈な毎日を変えた出会い"

『私の人生、これでいいのか?』という疑問を、心のどこかでずっと持っていました。とくに不満はないけど、同じことの繰り返しで毎日が過ぎていく…
そんなときに出会ったのが、ウインズジャパンでした。
はじめは博多一幸舎という名前も知らず、本場の豚骨ラーメンさえも食べたことがなかったのですが(笑)
これから会社を創っていく!もっと世界に広めていく!という勢いのある社風に惹かれ、気が付いたら面接を受け、そして入社を決めていました。

"昨日より今日、今日より明日"

経理・総務を経て、現在は採用や研修関係、労務管理などを担当。
もともと人の名前を覚えたり、人前で話したりすることが得意だったので、興味のある分野に抜擢していただき、とても感謝しています。
輝いているスタッフが増えれば、お客様へ喜びを与える機会も増え、とても良いサイクルをつくることができる。
だから、どうしたらもっとみんながイキイキ働けるのだろう?ということを考える毎日です。
研修を担当したスタッフが楽しく笑顔で頑張っていれば嬉しいし、そうでなければ力不足を痛感する…そんな日常も、
日々成長するための自分のエネルギー源になっています。

"未来にワクワクする。そんな会社。"

人事として奔走する毎日は、とにかく新たなチャレンジが多い。くじけそうなこともあるけど、本当に充実しています。
こんなにクリエイティブで(大変で)やりがいのある人事部を持つ会社ってあんまりないんじゃないかな。
これからの目標は、まだまだ勉強不足なところをもっと磨いて、会社とともにどんどん成長して、その名に恥じない自分になること。
博多一幸舎が、今後もっともっと多くの人から愛され、世界にはばたいていくこと、その真っ只中に自分が関われること、本当にワクワクしています。

他のインタビュー