加藤こずゑ  KOZUE KATO

2017年入社

博多デイトス店

"家庭があっても無理なく頑張れる"

ウインズジャパンへは、はじめパートとして入社しました。
一緒に働く人が優しく、親切で、飲食店の中では抜群に働きやすいと思っていました。
当初はWワークで、別の飲食店でも働いていたのですが、続けるかどうか悩んでいたときに、営業部長から「だったらうちで社員になればいいじゃないですか!」と声を掛けて頂きました。
家庭との両立が出来るのか?年齢的な不安・・・
私に勤まるのか不安でしたが、いろいろな方が声を掛けてくださり、思い切ってチャレンジしてみました。
今働いているデイトス店は、365日お休みがない店舗です。
それでも、お正月や夏休みなどは、アルバイトの学生さんや社員さんが、みんな協力して助けてくれて…家事が忙しくても、みんなに支えられて無理せずに頑張れています。

"お客様の笑顔が原動力"

少しでもお店の力になれるように、自分に何が出来るか真剣に考えたのですが、子育ての経験や、持ち前の明るさを活かしてお店に貢献しようと頑張っています。
耳の不自由なお客様や、外国人の方のご来店では、ジェスチャーでなんとかコミュニケーションをとったり、家族連れのお客様が来られたときは、小さなお子様への配慮をしたり、気遣うポイントには注意しています。
デイトス店は、とてもにぎわっていて、活気がある店舗です。
やっぱりお客様に笑顔で帰ってもらうと嬉しい。それを見て私も、もっと頑張れる!
だからこそ、忙しい中でも出来るだけ、お客様と会話をするよう心がけています

"心に残る接客を目指して。"

私がお客様の立場だったら、接客がよくて親切にしてもらったお店に、また行きたいと思います。
だから、笑顔、気遣い、思い出を、どれだけお客様の心に残せるか?をいつも考えているんです。
デイトス店のスタッフは本当に仲が良くて、協力しあえる仲間たち。
これからもみんなで、博多で一番の”心に残る接客”を目指していきたいです。

他のインタビュー